肩紐がないストラップレスドレスは落ちることはないの?

特に今回の記事は女性の方必見なのですが、挙式当日に向けてダイエットやエステなど”準備”を色々進めていきますよね。

そんな時に一番注意したいのがドレスサイズです。

多くの式場では6ヶ月前に衣裳を決定し、その後、試着と修正を加えたサイズの衣裳が挙式当日に納品されるわけです。

しかし、冒頭にも書いた通り女性の多くはダイエット・エステ・日焼け止め対策など当日に向けて準備を進めていきます。このとき、衣裳や美容スタッフが新婦のスタイルやドレスサイズに注意しないと「ドレスが下がってくる!」など思わぬハプニングに巻き込まれることがあるのです。

実際、「海外のセレブが着ていたドレスが落ちてしまった!」というハプニングもエンタメニュースで聞いたことがありますから、他人事ではないように思う方も多いかもしれません。まして、普段着ることのないドレスですから不安はゼロではないでしょう。

ストラップレスドレスは要注意!

さて、「ストラップレスドレス」という言葉を聞いたことがありますか?

その名の通り”肩ひもが無い”ドレスのことでウェディングドレスやカクテルドレスに限らず、パーティーなど様々なシーンで見かけるここ10年のスタンダードモデルとも言えます。

ストラップレスドレス

このストラップレスドレスですが、一見すると「今にもずり落ちるのではないか?」と心配してしまうのですが、実際は着用した位置から下がることの無いよう通常は体と密着させて着用するためその危険性は低いと言えます。

しかし、ダイエットによって細くなると試着時のサイズでは体とドレスにすき間が生まれてしまうため下がる危険が生じてきます。

通常、老舗と呼ばれる衣裳店や結婚式場だとこのあたりの事情は織り込み済みですので、ドレスが下がらないよう直前の試着とドレスの手直しを繰り返していきますので安心できるのですが、歴史が浅い式場や経験が浅いスタッフが担当となるとちょっと危険なのが本音です。

と言うのも、どれだけの老舗であっても挙式当日に修正(サイズを詰める)することは多々あり、その率は決して低いものではないからです。

透明のストラップを着用する場合も!

実際、ドレスが落ちてしまうほどのハプニングが発生する確率は天文学的な数値と言えるほど低いものです。

しかし、普段着ないドレスだけに「下がるのが気になる」という新婦は多いのが実情です。そして、この「気になる」ということが表情に出てしまい、写真や映像などにも残ってしまうのです。

せっかくの挙式・披露宴で不安な表情が記録に残るのはつらいものですよね。

そのため、不安を和らげる意味でも衣裳店や結婚式場が透明タイプのストラップを勧めてくるときがあります。中には透明ストラップの着用を前提にしている式場もあるのですが、ストラップの有無はドレスの要素を大きく左右しますので衣装選びのときは気に留めておいたほうがよいでしょう。

試着を繰り返して安心感を!

どの衣裳店も「下がる心配はありませんよ!」と不安を和らげてはくれますが、透明ストラップを着用しない限り根拠のない返答であると言えます。

そのため、安心を得るには実際に試着を繰り返し適正サイズに修正してもらうことと、フィット感を自身で体験するのが望ましいと言えるでしょう。

【おすすめ記事】
なぜ、いままでの方法でバストアップできなかったのか考えたことはありますか?

関連記事

return top